クソばばぁとショッピング





昨日、実家の母をデパートに連れて行きました。
たまには何か、好きなものをご馳走して、
服でも何でも買ってあげようかな、と…

クソばばぁとショッピング_b0320843_18244806.jpeg

母と私は、仲良し母娘からは程遠く、
2人で旅行など行ったこともなければ、
昨日のようにショッピングに行くのも、
何十年ぶり?って感じです。



私から誘ったものの、
果たして楽しいのだろうか?と、
半信半疑で昨日を迎えたわけですが…

結果、楽しくはないよねぇ。
だって、のっけから母は、
「欲しい物なんて何にもないのよ。
お母さんは何でも持ってるし。」
的な発言を連発…


それならウインドウショッピングを楽しもうと、
婦人雑貨などを見て歩くものの、
「こんなの全然欲しくないわ。
くれるって言われてもいらない。」などと、
憎まれ口のオンパレードでした( ˘ω˘ )

まぁ、想定内ではありましたが。





とんだクソばばぁぶりですが、
母の名誉のために付け加えておくと…

母は、親戚を含む周囲の人々から、
「人格者」「頭がいい」「いつもニコニコ」
「怒った姿を見たことがない」「気配りの人」
といった、あらん限りの賛辞をいただいております、
82歳になった今現在も。
今年急逝した従兄は、母のことを、
僕の理想の女性、と他の人に話していたとな。


だから、叔母などにこっそり、
いかにして私が母からクソミソに怒られるかを話すと、
それはそれは驚かれてしまいます。


どうやら、母がクソばばぁと化すのは、
私の前か、大きい姪の前だけ、らしい٩( ᐛ )و
姪も、とんだ怒られっぷりですよ…

↑ この辺りについては、母も自覚があるらしく、
「なんだかどんどん意地悪ばあさんになっちゃう」
と言って、屈託なく笑います。笑
今更、直す気はないし、直らないよねぇ…



友達母娘みたいな関係に憧れたこともあったけど、
今ではもう諦めております。

クソばばぁだけど、金に困らずぼけもせず、
未だ、自立して暮らしていてくれることに感謝!






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村





PVアクセスランキング にほんブログ村







by machiko014 | 2019-12-19 16:36 | 日々のこと

再婚した21歳年下夫と犬2匹と、昭和な家で暮らす50代です。ベトナムからの実習生を2人受け入れました!


by m