いろいろな人生がある






先月急逝した、従兄弟のマナブ君の法事に行きました。
(母の運転手、として…ね。)


ちょうど還暦だったマナブ君は、
私の母の亡くなった兄(=私の伯父)の息子です。
伯父は、70年近く前に、
婿養子として、O家に入りました。


このO家…
実に、平安時代の終わりから800年以上続く旧家で、
お墓にある石碑には、
文治元年、とか、桓武平氏、などの記述があります。
(↑ 歴史はニガテでござる…)


集った分家のおじちゃん達が、
「道路のあっち側の墓は鎌倉時代からあっから、
誰が入ってんだかわかんねーんだ!(栃木弁完全形)」
と、話してくれましたよ…


マナブ君は、この旧家の当主でしたが、
マナブ君夫妻に子供がいなかったので、
今後、どうなるのか…



守らなければならないものがある家に生まれると、
大変なんだなぁ…( ̄(工) ̄)







なんて、法事後の懐石をつつきながら思っていたら、
やはり従兄弟のケンジ君が、
素敵な写真をたくさん見せてくれました。

ケンジ君の家で毎春行われる流鏑馬…
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

いろいろな人生がある_b0320843_17183158.jpeg

ケンジ君は、私の母の妹の次男で、
これまた旧家の婿養子に入っています。

家で流鏑馬って…ʕʘ‿ʘʔ









敷地内の桜。

いろいろな人生がある_b0320843_16383166.jpeg







もちろん、白馬と騎手は、プロに来てもらうそうですが。

いろいろな人生がある_b0320843_16385609.jpeg







平安時代の絵巻物か、JRのポスターみたいだわ。

いろいろな人生がある_b0320843_10032591.jpeg







↓ ケンジ君の友達に手伝ってもらうの図。

いろいろな人生がある_b0320843_16384920.jpeg

「毎年やるから来年見においでよ。」と、
ケンジ君が誘ってくれたので、
ぜひカメラ片手に行きたいと思います。


ケンジ君は、早くに両親を亡くし、
一時は鬱にもなったりしたのですが、
今の奥さんと結婚することになり、
40歳を過ぎてから婿入りしました。

こちらもまた旧家なので、
家屋敷の維持などが大変とのこと。
(800年ほどじゃないけど。)







私と兄は、両親ともに公務員だったから、
特に受け継ぐようなものも守るものもなく、
そういう意味では自由な人生です。

どっちの人生が良い、ではなく、
人生はいろいろだなぁ、と、
梅雨空の下、今更ながらに思った次第…









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村






by machiko014 | 2019-06-21 19:29 | 日々のこと

再婚した21歳年下夫と犬2匹と、昭和な家で暮らす50代です。ベトナムからの実習生を2人受け入れました!


by m